夏コミと秋葉原ラジオ会館同人インディー即売会を終えて

んほー!いやーはてなブログの空気は旨い!ん?noteに書いていたのになぜはてなブログに戻ってきたって?

文字書きでお金を稼ぐとか自分は考えていないので、noteとか自分に合っていなかったって訳ですね。やっぱりこっちでうんこプリプリしたい。

 

本題に入ります。

夏コミと秋葉原ラジオ会館のイベントの二日連続のイベントが終わりました。コミケで出展するのは初参加だったのでおどおどしながら準備を進めて当日を迎えました。

 

コミケは即売会という色が強く規模が大きいです。それでいて朝早く、猛暑の中汗を垂らしながら来るぐらい購買意欲は他のイベントよりずば抜けて高いです。

ゲームだけではないのでカオスです。会場も広くサークル数も多いのでほしい物を手に入れたら次にいくという感じです。電源がないので長くゲームを起動する事ができません。なのでPCやタブレットなどに動画を入れて再生しておくというのが一般的な感じがしました。今年は金曜日で平日だったのですが、去年と比べても人が減っている感じは全くありませんでした。

 

70個ぐらい持ってきましたが、14:00頃にはなくなりました。例によって未完成品です。それでも手に取ってくれる人がいて嬉しかったと同時に本当に完成させないといけないなという気持ちが強くなりました。

それと学生の時以来の友達と会えたりなんかして良かったです。他にはTwitter上の人に挨拶出来たりと完全にオフ会でした。朝6時起きで会場はめちゃくちゃ暑くて汗が止まりませんでしたがそれでもこちらは座っていられるのがまだ良かった?と思います。

 

二日目の秋葉原ラジオ会館のイベントです。

これは金曜日の平日にコミケ1日目があった事からこれなかった人の展示できなかった人に向けて開催されたイベントだと思います。

初めて開催されたイベントなので人の入りがどうなるか気になりましたが、結果的に多くの人が来られたと思います。ちょっと写真を載せます。

f:id:donnpema6:20180815183346j:plain

 

ぎゅうぎゅうに人がいるという訳ではないですが、人がいなくてガラガラという事はなかったです。秋葉原という立地もよくイベントを知らずラジオ会館に来た感じのお客さんも結構いたと思います。初回のイベントでこれだけの方が来てくれるのはすごい事だと思います。

 

こちらのイベントが電源があるので常に展示が出来て試遊も出来る状態でした。展示会の良い所はお客さんから意見をいただけるのが何よりも大きいです。自分ひとりで作って遊んでいると気付かない所も多いのでかなり助かります。本当に感謝です。

 

と二日間を駆け抜けて色々反省点が見えてきたのでまた制作に取り掛かります。

ビットサミットからあんまり変更点がなくキャラとドット絵とか書き直してたりしてシステム面が全然間に合っていないので絵は仮でもいいのでシステム側を作り切ります。

 

最後に今回の反省まとめ

コミケではもっと多くの部数持ってくれば良かった

・印刷物の用意に時間がかかった

・初めてディスク版を作ったので手間取った。経費も増えた

・PVっぽい物が作れずにゲーム画面垂れ流しになった

・ホームページがクソださいままで修正できなかった

・展示する時のPCの位置が低くかった。メタルラック持ってくれば良かった

・展示する布がしわくちゃで汚かったアイロンかければよかった

・電源を忘れた

 

ぐらいですかね。考えるともっとありそうな気がしますが。

 

良かった所はまだやめないで制作続けてる事です。本格的に活動を始めて1年になりました。去年の今頃デジゲー博に申し込んだあたりなので。

 

次はデジゲー博だと思います。冬コミは出ないと思います。

11月と12月の2か月連続イベントはお財布的にキツイのでやめます。

 

それでは!